トップページ | 根室の野生動物たち »

サルオガセの不思議

根室の森を歩いていると、枝からヒゲみたいなものが生えていました。

根室名物?の、サルオガセです。
遠目に見ると「ゴミが引っかかっているのか?」なんて思うくらい、どこにでも着いてます。

たまに、風に吹き飛ばされて道路をコロコロ走っていることもあります。


枝や幹にサルオガセがびっしり付いた木は、なかなか壮観です。

100316151pict0121
サルオガセに包まれたカシワの木です。

柏餅の葉っぱでお馴染みのドングリが成る木ですが、ポツリ、ポツリと原野にそびえる老木の姿は、過酷な原野で生まれ育ってきた風格が漂っています。

風雪に晒され、霧に包まれ、寒さに遭っても、ひたすら耐えて生き延びてきたのでしょう。根室の樹木はいじけたような樹形で、決して美しくはないけれど、見る者に畏敬の念を持たせてしまうような、独特のカッコ良さがあると思います。


こんな大木を目の前にして立っていると、苦労人のオヤジさんと人生観を語らうような、そんな無言の会話が聞こえてきそうな気がして。


開拓の手から運良く免れた、生き証人のような植物はどこの地域にもあるものですが、根室は日本最後の秘境かもしれませんね。



さてさて、本題のサルオガセとは何ぞや?との事ですが。

端的に言えば、藍藻(アオコの仲間)とカビが合体した生物です。いわゆる、地衣類と呼ばれている生き物です。ひとつの生き物の中に、2種類の生物が共存しているなんて、ちょっと想像がつきませんよね。


サルオガセの仲間は北海道に限らず、亜寒帯には広く分布しているようです。涼しい上に湿度が高く、空気が清浄な森が無ければ生きていけないので、日本での分布は限られています。

洋画でもサルオガセが時々出てきますが、本州中部あたりの山奥では、1メートル以上のサルオガセがトウヒの木から垂れ下がって、とても幻想的な風景が見られるらしいです(一度行ってみたいなぁ…)

北海道では、道東一帯の針葉樹林や、大雪山系などでよく見られます。が、意外にも、札幌の山岳地帯でもドライブで見られる場所があったりします。
道内のサルオガセは湿度が足りないためか、あまり長くならず、木に絡みつくようなスタイルで育つことが多いようです。



そういえば、サルオガセが付いた木は枯れるという迷信じみた話がありますが、単にサルオガセが日当たりや風通しの良い枯れ木の枝を好むというだけで、樹木にダメージを与えることは無いようです。霞を食って生きる、仙人のような生き物だから。

いつ倒れるかも分からない枯れ枝にしがみついて生涯を全うするなんて、健気すぎる生き方ですよね。
でも、そういう生き物がいることで恩恵を受けている更なる変わり者も、きっといるんだろうなぁ…

そんなサルオガセは、根室の海霧の贈り物。

100317091pict0128

|
|

トップページ | 根室の野生動物たち »

野草のはなし」カテゴリの記事

コメント

へー、あれってサルオガセって言うんだ。
よく見かけてて、地衣類だろうけど、なんか神秘的でカッコいい奴だなぁって思ってたんだよね。
覚えておこう!

投稿: strix | 2010年4月22日 (木) 09時33分

strixさん>コメントありがとうございます!

サルオガセが着いた木を間近で見ると、違う世界に入り込んでしまったような、不思議な感覚になりますね。

図鑑によると、サルオガセの仲間は数十種類に分類されているらしく、垂れ下がるものや、カタマリになる種類もあるようです。

それから、ゼミHP放置したままですみません…
近々更新予定です(汗)

投稿: Planter | 2010年4月23日 (金) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019040/34182930

この記事へのトラックバック一覧です: サルオガセの不思議:

トップページ | 根室の野生動物たち »