« 星が教えてくれたもの | トップページ | 陸の孤島 »

桜色の春

まだ雪も残る、神居尻山での風景です。

雪国の山の季節は、いつも慌ただしく過ぎてゆきます。
雪が溶けたら、一息つく暇もなく夏が訪れるのです。

植物たちは、大慌てで花を咲かせ子孫を残そうと必死です。
一斉に、爆発するような春のお花畑は、いつ見ても圧巻!



牧草地の横を流れる小川では、ヤチブキが満開でした。

100522101pict0004
太陽を一杯に受けて輝く花と、せせらぐ清流。
包みこむような、エゾノリュウキンカ独特のしっとりした煌めきを表しきれないのが惜しいです…

あぁ、もっとカメラテクが欲しい!!

環境教育ボランティアで散策した雑木林では、カタクリが満開でした。
100522111pict0033

100522111pict0029
カタクリの目線で見上げたら、空はこんなに広かった。



100522111pict0017
初夏も近い、焼けつくような日差しを浴びるカタクリを見ていると、溶けてしまいそうで。
ちょっと切ない。




カタクリの上を見上げれば、エゾヤマザクラが満開。

100522111pict0037

1005221221pict0047

今年は、ゆっくりお花見も出来なかったなぁ…

|
|

« 星が教えてくれたもの | トップページ | 陸の孤島 »

野草のはなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019040/34881829

この記事へのトラックバック一覧です: 桜色の春:

« 星が教えてくれたもの | トップページ | 陸の孤島 »