« 礼文敦盛 | トップページ | 花の浮き島 »

未来に託して

レブンアツモリソウの写真特集、第二弾です。

今回の写真は、予備に持っていた別なカメラで撮影したものです。
いずれにしても、やわらかな質感が美しい花です。

日差しが強いと写真が白飛びしてしまうので、雲が掛かるのを待っての撮影でした。


100608161p6080065

100608161p6080060

100608161p6080062

個性豊かで、見ていて飽きない花です。
株立ちで咲く立派な株も見事ですが、草木の影に隠れてひっそり咲く姿も清楚で美しい。



咲き誇る花の根元に目をやると、ちゃんと次の世代が育っていました。

100608161p6080058

親株に守られるように、小さなレブンアツモリがあちこちに育っていました。
よく目を凝らすと、あちらにも、こちらにも、地上に芽生えたばかりの苗が沢山見えてきます。

地道に。でも確実に。次の世代が育っているようで安心しました。
樹木と同じように、何十年という長い周期で繁殖している植物は、新しい芽生えが絶えてしまっても、それに気付かれないことも多いもの。

芽生えから開花まで、すべての生育ステージが揃っているのは、ちゃんと世代が引き継がれている証拠です。
こうして芽生えた苗も、何年か後には立派な花を咲かせるのだろうか。

もし、何十年か後に礼文を訪れる事があったなら、昔のように島で普通にアツモリソウが咲く光景が戻っていることを願って、群生地を後にしました。

|
|

« 礼文敦盛 | トップページ | 花の浮き島 »

野草のはなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019040/35573942

この記事へのトラックバック一覧です: 未来に託して:

« 礼文敦盛 | トップページ | 花の浮き島 »