« 薄 | トップページ | 秋ふりかえれば »

寄生するもの、されるもの

ずいぶんと前の話です。

10月初旬。
森を歩くと、ひんやりした秋の空気が心地良く、それでも森の切れ目からはジリジリと照りつける日差しが眩しい頃。

花は終わったけれど、紅葉にはまだ早い林床を歩いていると、真っ赤なツチアケビが見えました。


「お~、今年も出たか!」とか思いながら、シャッターを切ります。

Pict00311
数は多くないですが、圧倒的な存在感にハマってしまう人も多いみたい。
ツチアケビの周りは、例外なく踏み固められていて、何となく可哀想…


ツチアケビは、じつはれっきとしたランの仲間で、系統的にはバニラにやや近縁らしいです。ラン科には珍しいフルーティーな果実を見れば、なるほど納得。

しかし、ツチアケビには葉がありません。
ナラタケの菌糸に寄生する腐生植物なので、葉緑素を持つ必要が無かったのでしょう。腐生植物の不気味な魅力は、そんなところに潜んでいるのだろうか。

Pict00411
ツチアケビの生活を支えているナラタケ。ぼりぼりと呼んだほうが馴染み深い?

|
|

« 薄 | トップページ | 秋ふりかえれば »

野草のはなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019040/37062286

この記事へのトラックバック一覧です: 寄生するもの、されるもの:

« 薄 | トップページ | 秋ふりかえれば »