« 年を越して | トップページ | 蝦夷紫陽花 »

窓枠に何をおさめようか

1
画像フォルダを整理していたら出てきた写真。

最近、何名かの方から写真提供の依頼を頂きました。趣味でチマチマ撮り貯めていた写真が日の目を見るなんて、管理人をやっている者としてとても嬉しいことです。
これが仕事になるなら最高なんですが(笑)

そんな依頼を受けて、久々に写真を詰め込んだフォルダを開くと、まるで何十年も掃除していない、いわゆるゴミ屋敷を解き放ったかの如く大量の写真が現れます。 一応は整理して納めてあるので、目的の写真は割とすぐに見つかるのです。
が、フォルダの中には「あれ、こんなの撮ったっけ?」と、覚えのない写真もちらほら。
今日の1枚も、そんな中から発掘したものです。


ただ1本の巨木が写っているだけ。
あの日、何を想ってシャッターを切ったのか。

もう忘れてしまったけれど、見返してみると不思議な写真に見えてきます。太くどっしり伸びた幹、それでいて滲んだ空に向かって若葉の手を広げる姿は、若々しさをも感じさせるような。

写真は時間を切り取る窓のようなものだと思うのですが、一枚の写真という窓枠の中に何を詰め込むかは、撮り手次第でいくらでも変えられるものです。それは色や形だけではなくて、その時の空気感だったり、撮り手の思い入れだったり。デジカメ画像なら、後から描き足す事も出来てしまいますが。

こうして過去に自分が撮った写真を眺めると、色や形と空気感くらいは詰め込めているのかなぁと思ったりします。久しぶりに会った人に、「流れに揉まれたのかアクが抜けてきた」なんて言われる今日この頃ですが、ダシまで抜けないように、これからも空気感をつかみ取る感性は無くさないでおきたいと、改めて思います。

この木のように、自分も落ち着きと若さを併せ持った存在を目指したいですね。
お、コレで今年一年の目標ができた!

こんな感じで今年もマイペースに書いていきますので、暇なときにでも御笑覧下さいませ。

|
|

« 年を越して | トップページ | 蝦夷紫陽花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019040/43624230

この記事へのトラックバック一覧です: 窓枠に何をおさめようか:

« 年を越して | トップページ | 蝦夷紫陽花 »