« 湧水の郷 | トップページ | 春から初夏へ »

蜘蛛蘭

Photo
2012年4月30日、神奈川県にて。


お寺の木に張り付いていました。まるで地衣類のような風貌ですが、これでもれっきとした種子植物。しかもラン科。葉は退化しているため、根の葉緑素で光合成を行う変わり者です。

着生欄の中でも特に小さなものですが、こう見えてフウランや胡蝶蘭と同じような「単茎種」だというのだから驚きです。いずれ見たいなぁと思って、社寺に行くたびにそれらしい雰囲気の木を眺めていたので、見つけたときはやった!と思いました。マニアックな話です、はい。

|
|

« 湧水の郷 | トップページ | 春から初夏へ »

野草のはなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019040/45200092

この記事へのトラックバック一覧です: 蜘蛛蘭:

« 湧水の郷 | トップページ | 春から初夏へ »