planter-moribiyori.cocolog-nifty.com > きのこ図鑑

ハナヤスリタケ Cordyceps ophioglossoides
タンポタケ Elaphocordyceps capitata
ムキタケ Sarcomixa serotina
ホコリタケ Lycoperdon perlatum
ヤマブシタケ Hericium erinaceum
ドクツルタケ Amanita virosa
ハナビラタケ Sparassis crispa
サナギタケ Cordyceps militaris
ズキンタケ Leotia lubrica
ハタケチャダイゴケ Cyathus stercoreus
シモフリシメジ Tricholoma portentosum
タヌキノチャブクロ(老菌) Lycoperdon pyriforme
ブナシメジ Hypsizygus marmoreus
ウスキモリノカサ Agaricus abruptibulbus
タヌキノチャブクロ(幼菌) Lycoperdon pyriforme
チャホウキタケモドキ Ramaria apiculata
フクロツルタケ Amanita volvata
シワチャヤマイグチ Leccinum hortonii
ヤグラタケ Asterophora lycoperdoides
ワカクサタケ? Hygrocybe psittacina?
カラカサタケ Macrolepiota procera
キララタケ Coprinus micaceus
キヌメリガサ Hygrophorus lucorum
カキシメジ Tricholoma ustale
ナラタケ(種名不詳) Armillaria sp.
ヒメコナカブリツルタケ Amanita farinosa
ヒラタケ Pleurotus ostreatus
ニカワホウキタケ Calocera viscosa
ホソツクシタケ Xylaria magnoliae
キヌオオフクロタケ Volvariella bombycina
ササクレヒトヨタケ Coprinus comatus
アシナガタケ Myceya polygramma
フクロツチガキ Geastrum saccatum
メアカンナギナタタケ Clavaria meakanensis
ネズミシメジ Tricholoma virgatum
ヌメリスギタケ Pholiota adiposa
ヌメリツバタケ Oudemansiella mucida
ヒナノヒガサ Rickenella fibula
ガンタケ Amanita rubescens
クロトマヤタケ Inocybe lacera
モミサルノコシカケ Phellinus hartigii
イタチタケ Psathyrella candolliana
オオシャグマタケ Discina gigas
ベニチャワンタケ Sarcoscypha coccinea
ヒメコガサの近縁種 Galerina sp.
ムキタケ Sarcomixa serotina
ベニテングタケ Amanita muscaria
ニオイアシナガタケ Mycena amygdalina
ヌメリスギタケモドキ Pholiota aurivella
アカチシオタケ Mycena crocata
ハンノキイグチ Gyrodon lividus
ハイイロシメジ Clitocybe nebularis
ナメコ Pholiota nameko
サクラタケ Mycena pura
テングタケ Amanita pantherina
ホンシメジ Lyophyllum shimeji
ハタケシメジ Lyophyllum decastes
カバノアナタケ Fuscoporia obliqua
ホンシメジ Lyophyllum shimeji
ナラタケ(種名不詳) Armillaria sp.
ナヨタケ科の一種 Psathyella sp.
シシタケモドキ Sarcodon leucopus
キハツダケ Lactarius tottoriensis
サンゴハリタケ Hericium coralloides
ベニテングタケ Amanita muscaria
シロヒメホウキタケ Ramariopsis kuntzei
ヤマドリタケモドキ Boletus reticulatus
ヤマドリタケ Boletus edulis
ツバアブラシメジ Cortinarius collinitus
コザラミノシメジ Melanoleuca melaleuca
テングタケ Amanita pantherina
ゴヨウイグチ Suillus placidus
ツチスギタケ Pholiota terrestris
ヤマイグチ Leccinum scabrum
キツネタケの仲間 Laccaria sp.
キツネノハナガサ Leucocoprinus fragilissimus
キツネノロウソク Mutinus caninus
タマゴタケ Amanita hemibapha
ニオイコベニタケ Russula bella
タモギタケ Pleurotus cornucopiae var. citrinopileatus
キツネノワンタケ Ciboria shiraiana
エノキタケ Flammulina velutipes
マツタケ Tricholoma matsutake
コガネキヌカラカサタケ Leucocoprinus birnbaumii
コツチグリ? Astraeus koreanus?
シロタモギタケ Hypsizigus ulmarius
アセタケ属の一種 Inocybe sp.
シワカラカサタケ Cystoderma amianthinum
オオツルタケ Amanita vaginata var. punctata
ウコンガサ Hygrophorus chrysodon
オトメノカサ Camarophyllus virgineus
アカヤマタケ Hygrocybe conica
キヌメリイグチ Suillus americanus
ベニヒガサ Hygrocybe cantharellus
シロカラカサタケ Cystoderma amianthinum
スギタケ Pholiota squarrosa
アワタケ Xerocomus subtomentosus
チョウジチチタケ Lactarius quietus
ウラムラサキ Laccaria amethystea
アカキツネガサ Leucoagaricus rubrotinctus
コムラサキシメジ Lepista sordida
カワリハツ Russula cyanoxantha
カバイロツルタケ Amanita vaginata var. fulva
キンチャヤマイグチ Leccinum versipelle
カラハツタケ Lactarius torminosus

<< 前 | トップページ | 次 >>

エノキタケ Flammulina velutipes

エノキタケ Flammulina velutipes

初雪の季節が近づくころ、野山や、時には街中の枯れ木に、ひっそりとエノキタケが顔を出します。茶色い傘に、真っ黒い軸という出で立ちは、スーパーの白いえのきしか知らない人の目には毒キノコのように見えるでしょう。

広葉樹の枯れ木があればどんな場所にも生える、タフで身近なきのこですが、その味は栽培品とは別格。上品な甘い香りと、まろやかな出汁は、和風料理に抜群に合います。我が家では、野生のエノキタケの味噌汁を飲むのが、きのこシーズンの終わりの儀式のようになっています(笑)

しかし、猛毒のニガクリタケやコレラタケに少し似ているので、確実に見分けられない場合は無理に食べないこと。

晩秋から冬に多く発生しますが、真夏を除けば一年中見られます。

固定リンク