planter-moribiyori.cocolog-nifty.com > きのこ図鑑

ハナヤスリタケ Cordyceps ophioglossoides
タンポタケ Elaphocordyceps capitata
ムキタケ Sarcomixa serotina
ホコリタケ Lycoperdon perlatum
ヤマブシタケ Hericium erinaceum
ドクツルタケ Amanita virosa
ハナビラタケ Sparassis crispa
サナギタケ Cordyceps militaris
ズキンタケ Leotia lubrica
ハタケチャダイゴケ Cyathus stercoreus
シモフリシメジ Tricholoma portentosum
タヌキノチャブクロ(老菌) Lycoperdon pyriforme
ブナシメジ Hypsizygus marmoreus
ウスキモリノカサ Agaricus abruptibulbus
タヌキノチャブクロ(幼菌) Lycoperdon pyriforme
チャホウキタケモドキ Ramaria apiculata
フクロツルタケ Amanita volvata
シワチャヤマイグチ Leccinum hortonii
ヤグラタケ Asterophora lycoperdoides
ワカクサタケ? Hygrocybe psittacina?
カラカサタケ Macrolepiota procera
キララタケ Coprinus micaceus
キヌメリガサ Hygrophorus lucorum
カキシメジ Tricholoma ustale
ナラタケ(種名不詳) Armillaria sp.
ヒメコナカブリツルタケ Amanita farinosa
ヒラタケ Pleurotus ostreatus
ニカワホウキタケ Calocera viscosa
ホソツクシタケ Xylaria magnoliae
キヌオオフクロタケ Volvariella bombycina
ササクレヒトヨタケ Coprinus comatus
アシナガタケ Myceya polygramma
フクロツチガキ Geastrum saccatum
メアカンナギナタタケ Clavaria meakanensis
ネズミシメジ Tricholoma virgatum
ヌメリスギタケ Pholiota adiposa
ヌメリツバタケ Oudemansiella mucida
ヒナノヒガサ Rickenella fibula
ガンタケ Amanita rubescens
クロトマヤタケ Inocybe lacera
モミサルノコシカケ Phellinus hartigii
イタチタケ Psathyrella candolliana
オオシャグマタケ Discina gigas
ベニチャワンタケ Sarcoscypha coccinea
ヒメコガサの近縁種 Galerina sp.
ムキタケ Sarcomixa serotina
ベニテングタケ Amanita muscaria
ニオイアシナガタケ Mycena amygdalina
ヌメリスギタケモドキ Pholiota aurivella
アカチシオタケ Mycena crocata
ハンノキイグチ Gyrodon lividus
ハイイロシメジ Clitocybe nebularis
ナメコ Pholiota nameko
サクラタケ Mycena pura
テングタケ Amanita pantherina
ホンシメジ Lyophyllum shimeji
ハタケシメジ Lyophyllum decastes
カバノアナタケ Fuscoporia obliqua
ホンシメジ Lyophyllum shimeji
ナラタケ(種名不詳) Armillaria sp.
ナヨタケ科の一種 Psathyella sp.
シシタケモドキ Sarcodon leucopus
キハツダケ Lactarius tottoriensis
サンゴハリタケ Hericium coralloides
ベニテングタケ Amanita muscaria
シロヒメホウキタケ Ramariopsis kuntzei
ヤマドリタケモドキ Boletus reticulatus
ヤマドリタケ Boletus edulis
ツバアブラシメジ Cortinarius collinitus
コザラミノシメジ Melanoleuca melaleuca
テングタケ Amanita pantherina
ゴヨウイグチ Suillus placidus
ツチスギタケ Pholiota terrestris
ヤマイグチ Leccinum scabrum
キツネタケの仲間 Laccaria sp.
キツネノハナガサ Leucocoprinus fragilissimus
キツネノロウソク Mutinus caninus
タマゴタケ Amanita hemibapha
ニオイコベニタケ Russula bella
タモギタケ Pleurotus cornucopiae var. citrinopileatus
キツネノワンタケ Ciboria shiraiana
エノキタケ Flammulina velutipes
マツタケ Tricholoma matsutake
コガネキヌカラカサタケ Leucocoprinus birnbaumii
コツチグリ? Astraeus koreanus?
シロタモギタケ Hypsizigus ulmarius
アセタケ属の一種 Inocybe sp.
シワカラカサタケ Cystoderma amianthinum
オオツルタケ Amanita vaginata var. punctata
ウコンガサ Hygrophorus chrysodon
オトメノカサ Camarophyllus virgineus
アカヤマタケ Hygrocybe conica
キヌメリイグチ Suillus americanus
ベニヒガサ Hygrocybe cantharellus
シロカラカサタケ Cystoderma amianthinum
スギタケ Pholiota squarrosa
アワタケ Xerocomus subtomentosus
チョウジチチタケ Lactarius quietus
ウラムラサキ Laccaria amethystea
アカキツネガサ Leucoagaricus rubrotinctus
コムラサキシメジ Lepista sordida
カワリハツ Russula cyanoxantha
カバイロツルタケ Amanita vaginata var. fulva
キンチャヤマイグチ Leccinum versipelle
カラハツタケ Lactarius torminosus

<< 前 | トップページ | 次 >>

シモフリシメジ Tricholoma portentosum

シモフリシメジ Tricholoma portentosum

「霜降り占地」という名前を人に教えると、みんな必ず「おいしそう!」と言います。
たしかに美味しいですが、霜降りと言っても和牛とかの霜降りではなくて、霜が降りそうなくらい寒い時期に生えるシメジという意味です。

どちらかといえば里のきのこで、この写真は、近所の公園に生えていたもの。下草の無い里山のような場所によく生えています。

木枯らしが吹くくらいの季節にもよく生えて、エノキタケやキヌメリガサと共にきのこシーズンの最後を締めるトリですが、実際には紅葉の中盤頃から盛んに生え始めます。

ナラやクリ、シラカンバ、トドマツなどの林に生えますが、何せ保護色なので探すのが一苦労。ひたすら「きのこ目」になって、落ち葉の隙間から除く傘を探します。

採れたきのこは、もろい傘をこわさないように泥を丹念に洗い流して、汁物系の料理にするのがオススメ。淡泊で上品な旨さが持ち味なので、薄味で頂くのが美味しいと思います。しかし油との相性が良くないのか、油炒めにすると金属臭のような変なにおいが出てきてしまいます。

生えるシーズン的にも間違えるような毒きのこは少ないと思いますが、亜高山の針葉樹林に生える有毒なネズミシメジに似ているので、当然ですが自信が持てない場合は採らないようにしましょう。

固定リンク